2017/06/27 (Tue) 縹

父さんが帰って来ないんですけどー
と、騒いでいた右側

チームバカ殿


相方は出張で泊まり
バカ殿がうるさく眠りを妨害
睡眠不足からの耳鳴りが酷い(`‐ω‐´)
バカ殿があれなのか
男がこんなもんなのか

ようやく沢山の積読が片付いた~
文庫も色々買ってたんだけど
二千七百の夏と冬
評価がものすごく高くて
期待度が上がった分、物足りなく感じた(ΘωΘ)

猫絵十兵衛 御伽草紙
バカ殿はどうやっても縹になれない(`‐ω‐´)
起きてポロポロと涙をこぼす住職に
私も夢の中でごるに助けられているのかもとか考えてしまったよ
触れられないって切ないねぇ

本人が猫で描かれているねむようこと雑な草たち
まさかの雑草を育てるというガーデニングエッセイ(漫画)
確かにきれいな花を咲かせる雑草もあるけれど
繁殖力がすごくてねぇ
そして植物にはもれなくくっついてくる害虫
そういうのが冬に一度リセットされることだけは
雪国の利点だと思う

| comment(1) |


2017/06/26 (Mon) 長生き猫の暮らしとお世話

今年は増えたペルシャンジュエル

ニゲラ


私のジュエル

はっち


本屋さんの中を駆け巡るような勢いで見て歩く
猫本コーナーでふと手に取った本
諦めないこと、一度でも諦めたら
諦め癖がつくみたいなことが書いてあった
次にパラパラ~と開いたページに
病気を治すより、病みながらでも生きることみたいなことが書いてあって
たまたま開いたページが訴えてきやがったと笑う
そして、「長生き猫の暮らしとお世話」を購入
12歳以上の猫達のご長寿エピソードや
健康チェック、お手入れとか手作りご飯
残り時間の穏やかな過ごし方とか
この本はいい感じ
読みやすいんだけど、ギュッと詰まってる
手作りご飯のページの食器が全部可愛い(*´∇`*)

晩年におこりやすい3つの病気のうちの2つをゲットしちゃって
残りの1つはごるがゲットしていて
何て言うか、一瞬心が無になったね
シニアになったらかかりやすい他の病気もね
無表情で読んだよね
そこにもいくつかゲットしてるのが載ってたからね
何かね、なるほど!と思ったよ

| comment(1) |


2017/06/25 (Sun) サポート

寝ているはっちの横を
静か~にゆっくり通って奥へ

シニア組


起きた

シニア組


心配そうに見ている
と、思えるのはきっと人間の想像力
だってマグロは譲らないもんねー
まぁ、はっちは食べ物に興味を持つ日がほぼないんだけど
好物を見つけておくこと
食欲がなくなっても食べるから!ってのは
食に貪欲なごる系だけに有効だと思う~

そういえば、ごるが弱っていた頃
はっちは自分のお気に入りのおもちゃ(特大輪ゴム)を
ごるの所まで運んでた
野良猫で見たことがあってね
動けなくなった弱った猫にネズミを運んであげてた姿を
それを思い出してね
はっちの姿に泣きそうになった
みーがマグロを譲る日も来るのだろうか
いや、マグロだけは絶対ないだろうなぁ(ΘωΘ)

猫ども | comment(2) |


2017/06/23 (Fri) 凪じゃない方

今は良くない波の方
考えることが沢山
吐いたらインスリン量を減らすとやっていたら
上手く維持出来た時もあったんだけど
前回の検査では完全に高血糖になってしまっていたので
吐いてもインスリン量は変えずに
ご飯を増やすように言われて
一体どれくらい食べさせればいいんだろうかという疑問

ここ数日で一気に飲水量が減って
限りなく低血糖に近いんじゃないかと思う
来週検査の予定だったけど
今日連れて行こうか迷い・・・
検査を繰り返して
血管が潰れてきちゃったのね
そういうのもあって、とりあえず監視強化で様子見
疲れたなと思ったら
ピンクを見るよ
異常に増えていくシラン

シラン


考えても仕方ないのねぇ
起きたことに対処していくしかない
と、立ち飲み派の猫を見ながら思う

みー


猫ども | comment(2) |


2017/06/21 (Wed) ここでハク脳

昨日は一気に飲水量が減り
いい感じ!と思ったけれど
今日はまた結構飲んでいる
朝、お尻を洗ったので
そういうのでも血糖値が上がっちゃうしね。。。

ところで、前にもらったペットのお守りの紐が切れた((((;゚;Д;゚;))))
治る病気の猫を抱えているなら
これは願いが叶うかも!となるところが
昔話で鼻緒が切れた時のような
縁起が悪いと一瞬思った
で、紐をそのままぎっちぎちに結び直した
でも、もしかして厄が切れた?悪い物を切った?
結び直すなんてやらない方が良かったのか(`‐ω‐´)

そして、ごるが大好きだったピンクのカゴベッド
亡くなった後、火葬直前までそこにいた
今も持っていて
普通の猫達なら余裕で入れる場所に置いているので
みーとかロコはたま~に入っている

みー


でも、はっちには入りにくい場所
そこに突然ジャンプして入った
そしてジャンプして出てきた
またジャンプして入り
中でぐるぐる回って
また出てきて
また入って、掘って、座って、出てきて
そんなはっちの姿を茫然と見ていた
これはちょっと動けるから遊んでいただけ?
亡くなった猫の好んだベッドは・・・もしや・・・
人間って想像力旺盛ですよねーヒソヒソ( ´Д`)v(´Д`;)コソコソ
今だけ、ボクは何にも考えてないんですよ!の
うちのバカ殿を見習いたい(`‐ω‐´)

猫ども | comment(2) |


| TOP | next >>

東北地震犬猫レスキュー.com

動物救援本部

プロフィール

はちゃぽん

Author:はちゃぽん
怒りんぼごると
病気たっくさんはっちと
ボスの座を狙うみーと
3猫との生活でしたが
ごるとは
2012年5月14日11時10分にお別れしました
(1999/03/02~2012/05/14)

その後、+2で現在4匹と暮らしてます


またコメントは非表示できますので
コメントをクリック→管理人のみ閲覧にチェック
で、お願いします。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

フリーエリア